和田歯科医院の設備

設備紹介


歯科用CT

image

当院では、歯科用CTを導入しています。歯科用CTは三次元で立体的にお口の画像を撮影することができるので、従来の二次元の平面的なレントゲンよりも、より正確で詳細な状態を把握することができます。
また、撮影された画像はモニター付きの診察台にすぐに表示できるようになっているので、患者さんに鮮明なモニターを見て頂きながら、分かりやすく丁寧にお伝えすることができます。

マイクロスコープ

image

マイクロスコープとはいわゆる顕微鏡とことです。マイクロスコープを使用して治療を行うことで、肉眼では確認が難しく手探りやカンで行わなければならなかった部分の治療も、確実に目で見える状態で行うことができるようになりました。
これにより歯科治療・根管治療などの精度が上がり、健康な歯を削りすぎることや悪い部分の治療がきちんと終わらなかったりという問題が起こりません。

3Dプリンター

image
image

補綴物は、設計から製作までの全工程を3Dプリンターが行います。まず、患者さんのお口の中を撮影させて頂き、そのデータを基に詰め物や被せ物など補綴物の設計を行って、実物の製作を行います。全て機械で管理をすることによって、スピーディーで低価格なのに緻密で正確な補綴物を患者さんにお届けすることができます。

以前は、詰め物や被せ物の製作が完了するまで1週間以上かかってしまうこともありましたが3Dプリンターを導入したことにより、少しお待ち頂くだけでその日のうちに装着できるまで迅速なご対応ができるようになりました。

給水管内除菌システム

image

各ユニットに、診察中の口ゆすぎなどに使う水を除菌する給水管内除菌システムを導入しています。ただのお水と思われるかもしれませんが、一つ一つ細かい部分もこだわって患者さんにとってより安全で良いものをご提供したいと思っています。

滅菌について

image
image

滅菌器を使用して、患者さんごとにタービンなどの治療器具を洗浄・消毒・滅菌しています。当院が使用している滅菌器は、ヨーロッパ基準で「クラスB」という高性能のもので、「クラスB」というレベルは、世界で最も厳しい滅菌基準です。

ページトップへ戻る